免許のための、合宿免許

整備された道路があるのに、それを活用しない手はありません。私達にとって非常に良い交通手段があるのに、それを用いない手はありません。自動車の普及は、その技術進歩の度合いに関わらず、私達誰もがそれを必要としていたからこそ、と言えます。そしてその進歩は、現代においても止まること無く、スピードを上げ続けています。

私達がそれを『乗りこなす』までにはしばらくの時間が掛かるものの、『ハンドルを握れる』ようになるまでは、そこまで時間は掛かりません。『ハンドルが握れる』というのは、まさに運転が出来るようになる、ということです。ただ、発進と後進ができるだけでなく、いわゆる『ドライビング』が出来るという意味で、本当の意味でドライバーであることを主張することができます。…たとえスピード違反や一時不停止で、別の意味で車を停めざるを得なくなったときのため、ではありません。

私達は誰もが自動車免許を取得するために学校に通いますが、それは単に教科書通りのことを座席上で行うために行くのではありません。確実に、『安全な』運転が行えるようになるために行くのです。安全な運転とは、自分が安全であることを認識しているのでは無く、それが第三者にも認められている必要があります。そこまでのプロになるためには、免許取得のための勉強も真剣に、そして効率的に行わなければなりません。一人でその境地に達するのは簡単なことではありませんから、合宿免許というものを活用できるかもしれません。